【福井の地酒】2019年の白龍新酒祭【吉田酒造】

2019 7/23
【福井の地酒】2019年の白龍新酒祭【吉田酒造】

第16回白龍新酒祭に行ってきました!

行ってきました!とは言ったものの、妻の運転手として付いて行ったので、私自身はお酒は全く飲んでいません(笑
盛り上がっていて楽しそうな雰囲気で、来年はお酒を飲める状態で挑もうと思っています。

目次

新酒祭で出来たこと

新酒全種類を試飲できる

画像

おちょこを500円で購入

画像

500円でおちょこを購入して、各銘柄を1杯ずつ試飲することが出来ます。

何と言っても、メインはこれだと思います。
生原酒から何から全てを飲むことが出来ます。至福!

限定日本酒を買える

新酒しぼりたて純米生原酒(手詰め)

画像

しぼりたてをそのまま瓶に詰めた「純米生原酒」を購入することが出来ます。

720mlが1250円、1800mlが2500円でした。
1800mlを購入しました!

純米発泡にごり酒が買える

妻が大好きなにごり酒。
1800mlが限定30本、720mlが限定100本でした。

残念ながら買えませんでした・・。
次はもっと早く行く!

お得な福袋が買える

720mlが4本入って5000円という大特価で福袋を購入することが出来ます。

こちらも買えませんでした・・。
並ぶのが遅すぎた・・。

各種日本酒を買える

店頭価格よりも安く購入することが出来ます。
以下、引用元は全て吉田酒造さんが用意してあったパネルの説明書き。

画像は楽天の商品リンクになっています。

白龍 純米大吟醸 吉峯

画像

山田錦を45%まで磨き上げているため、口当たりは優しく、上品です。
しかし、無濾過の原酒であるため、余韻まで米の旨みをしっかりと味わうことができます。高精白の上質さと米の旨みを一度に味わえるいいとこどりの贅沢な一杯です。
香りも高いため、ワイングラスでもお楽しみいただけます。
原料米:福井県永平寺町産山田錦
精米歩合:45%
アルコール:17度
日本酒度:−3

白龍 純米大吟醸

画像

スッキリと引き締まった味わいと山田錦の米の柔らかな旨みの調和がとれた上品なお酒です。
クリアで奥ゆかしい含み香は、更に料理を引き立てます。
自社で山田錦栽培を始めて、一番最初に醸した酒の一つ。白龍の原点です。
原料米:福井県永平寺町産山田錦
精米歩合:50%
アルコール:17.5度
日本酒度:+1.2

白龍 純米吟醸

画像

フルーティな口あたり、優しく透明感のあるクリアな味わいが特徴です。
麹米は「山田錦」。掛米には福井県を代表する酒米「五百万石」を使い、白山麓の雪解け水で仕込んだ福井の旨みが凝縮された一本です。
原料米:福井県永平寺町産山田錦・五百万石
精米歩合:55%
アルコール:17度
日本酒度:+0.5

白龍 特別純米

画像

たっぷりとした芳醇なお米の旨みをフレッシュかつジューシーにお楽しみいただけます。
キレがよく、飲み飽きしない特別純米生原酒です。
原料米:福井県永平寺町産山田錦
精米歩合:60%
アルコール:17度
日本酒度:±0

芳醇超辛口 游 純米大吟醸

画像

穏やかな香りがふわっと広がり、後口キリッと切れる辛口好きにおすすめの純米大吟醸です。
すっきりしているため、お肉料理や中華料理などの脂っこいこってりとした料理とも相性抜群です!
原料米:山田錦 福井県産米
精米歩合:50%
アルコール:18度
日本酒度:+8.5

芳醇超辛口 游

画像

きゅっと辛口で後味すっきり!!
超フレッシュな辛口が味わえるのは今だけです!
癖がなく、食事に合わせてずっと飲んでいられるお酒。
原料米:山田錦 福井県産米
精米歩合:60%
アルコール:17.5度
日本酒度:+5

きき酒テストに参加できる

画像

午前1回、午後2回開催されるきき酒テストに参加と言いながら、またしても酒を味わうことができます。
純米大吟醸もあるので、判別さえできれば、「もうちょっと飲まないとわからないなあ〜」なんて言いながら、高いお酒をたくさん飲むことができます(笑

妻はラベルなしの高いお酒を判別できたようで、純米大吟醸をここぞとばかりに飲んでいました。(笑

しかし100点はすごいわ・・・。
24分の1を正確に射止めるとか・・。

僕はその間、他のお客さんにペンを渡したり、ボードを受け取ったり、回答を入れる箱の場所を案内したりしていました。(笑

他にも色々イベントが

他にも「若手イケメンと行く酒蔵見学ツアー」とか、「杜氏の日本酒教室」とか、参加したかったイベントがたくさんありました。

まとめ

吉田酒造さんの白龍新酒祭。
大勢の人が来ていて、大賑わいでした。

たくさんの人の応援で、成り立っているお酒、「白龍」を感じることが出来て、ますますファンになってしまいました。

来年こそは飲める状態で参加するぞ!!

関連記事

目次