【感想】シンドラーのリスト

映画史上もっとも重要な歴史映画のひとつである、「シンドラーのリスト」を見た感想

目次

最後まで見れば、きっと何かを感じられると思います。

注意!
ネタバレになる要素は含んでいないつもりですが、一応覚悟はしてください(笑)

Amazonプライム会員は無料だったので観てみました。

感じたことを、箇条書き

  • 救いたい者と、殺したい者。
  • 救った者と、殺した者。
  • 救えなかった者と、殺せなかった者。
  • 命令があったが救えなかった者と、命令があったが殺せなかった者。
  • 救えるが放置した者と、殺せるが見逃した者。
  • 100%の力で1人救った者、1%の力で100人殺した者。
  • 1%の力で100人救った者、100%の力で1人救った者。
  • どれが善で、どれが悪で、どれが多数で、どれが少数なのか。
  • それがどう変われば世界は平和になりうるのか。
  • どんな人が変えられるのか。人間は成長できるのか。

そんなことを考えた。
3時間15分もあって、見るには気合が必要だけど、是非みんなに見てほしい!

割とハッピーエンドだと思うので、途中で消さないでくださいね!

目次
閉じる