冬でもバイク乗りたい!でも防寒はどうする?

冬でもバイクに乗りたい!

雪が積もってたらさすがに乗りませんが、冬でもバイクに乗りたいですよね。
皆さん、色々な方法で防寒対策をしていると思いますが、今回は私がいつもしている防寒対策を紹介します。

グリップヒーターとかは、他の人に任せます(笑)

目次

何を着るのか!

なにはともあれ、まずは重ね着ですよね。
重ね着であれば、暑くなったら脱げるし、余分に用意しておけば、寒くなったら着こめばOKです。
当たり前か(笑)

インナー

着ているモノ

  • 長Tシャツ
  • ジャージ
  • 厚めの靴下

長Tシャツを、ジャージにIN。
さらにジャージを靴下にIN。

風が入ると寒いので、隙間を減らしています。
最高にかっこ悪いですけど、インナーなので気にしません(笑)

ミドルアウター

ユニクロのウルトラライトダウンです。
薄手のダウンなら、なんでもいいです。
これがあるのとないのとで、だいぶ違います!
ちゃんと羽毛のやつを買いましょう。

付属のバッグに入れれば、こんなに小さくなります。
携行性もバッチリです。
私は底の部分を縛って、更に小さくしています。

ズボン、ネックウォーマー

ネックウォーマーがあれば、体に入ってくる風を防げます。
マフラーは長くて扱いにくいので、私は使っていません。

ズボンはジャージの上から履いて、ジャージが上にはみ出すようにベルトをします。
色々と入れられるので、カーゴパンツが好きです。

アウター

厚手のダウンジャケットを着ます。
風が服の中に入りにくいので、非常に温かいです。
乗っていないと暑いくらいです(笑)

カッパ

これでも寒かったら、雨が降っていなくてもカッパを着ます。
カッパってすごく温かいです。
バイクに乗るときは、カッパは常に積んであります。

ニーパッド

私は持っていませんが、ライダー仲間に聞くところによると、二―パッドを付けると膝が結構温かいらしいです。
本来は安全のためのものですが、冬は膝がかなり冷えるので、有効だと思います。

ダウンパンツ

これをジャージの代わりに履くと、相当温かそうです。
コンパクトに畳めそうだし、購入を検討中です。

その他

言うまでもないですが、手袋も厚めにし、手袋とアウターの間・ブーツとズボンの間も隙間を作らないようにします。
隙間があると風が入ってきて寒いです。

冬のバイク防寒まとめ

要するに厚着するしかありません(笑)

あ、でも貼るカイロは結構いいですよ!
膝や足先など、風を受けやすい場所に貼ると温かいです。

皆さんの冬ツーリングの参考になれば幸いです。

目次
閉じる